医学部受験なら口コミが良い予備校がおすすめ

私はある国立大学の医学部を受験し、合格しました。

といっても受かったのは2回目のチャレンジです。 応、地元では有名な進学校に行っていたのですが、一回目は合格することができませんでした。 しかし一度失敗したからと言って医者になる夢を諦めたくはありませんでした。 でも自己流で勉強していたのでは到底ライバルに勝つことはできません。 そこで再チャレンジするために、口コミで評判の予備校 に通うことにしました。

入学当初、先生から、どの学部を受けるにしても的を絞った勉強をしなければ合格するのは難しいといわれました。 ましてや難関の医学部となると普通の勉強方法では合格することは難しいそうです。 医学部予備校ナビで見つけた予備校は医学部の受験でも実績があり、人気があるところでした。

入学してからは、まず受験科目の復習をしました。こうすることで自分の不得意な教科や分野が把握できます。 そしてそれを踏まえたうえで今後、どのように勉強していったらよいのか、細かく指導してくださいました。 私の場合、国語と英語が苦手なので、特にこの2教科を重点的に勉強することになりました。 その他の教科については、当時の実力をキープすれば合格ラインには達するとのことでした。


医学部対策情報
医学部予備校の口コミ・評判・合格体験記|医学部予備校受験ナビ

まず、国語の点数をアップさせるためには現代文で失敗しないことが重要だと先生から言われ、 現代文の力を伸ばすために読書量を増やすように言われました。 読書量を増やすといっても手当たり次第に本を読むのでは効率が悪すぎます。 そこで、医学部で出題されやすい内容のものばかりを集めて作られた冊子を先生からいただき、 それを読んで内容を要約して提出するというやり方を指導されました。 そうすることによって受験に必要な国語力を養うことができました。

それから英語の場合も文章理解が苦手でしたので、毎日長文を読む訓練をしました。 国公立の場合はセンター試験で点数を取らなければなりません。 そのため英文もセンター試験に出やすいものばかりを、先生がピックアップしてくださいました。 また、私はリスニング力がなかったので、予備校ではリスニング力をつける訓練も行いました。 先生によるとリスニング力をアップさせるには、とにかく多量の英語を耳にしなければならないとのことでした。 そこで私は家に帰ってから、時間があればずっと英語を聴いていました。

このような先生方のアドバイスと指導のおかげでセンター試験はまずまずのできでした。


次は2次試験